HOME>イチオシ情報>費用に関することで知っておきたい基本的な情報
空き部屋

安く出来るプランもある

神戸には多くの葬儀社があり、さまざまなタイプのプランが提供されていますが、出来るだけ費用を節約したいと考えている方も多いでしょう。そこで知っておきたいのが、小規模なプランやシンプルなプランには、費用を安く済ませられるというメリットがあることです。葬儀の費用というのは、参列者の規模が大きいほど高くなりますが、家族葬のように規模が小さいと安くなる傾向があります。そして葬儀というのは、一日葬や火葬式のように、通常よりもシンプルな形式で行うことでさらに費用を安く抑えることが出来るのです。そのため、費用を安くしたい場合は、プランの見直しをすると効果的に節約することが可能になります。

費用の内訳について

葬儀費用というのは、本体費用と飲食接待費用、そして寺院費用の主に3つから成り立っており、このことは神戸の場合も同じだと言えます。本体費用は、葬儀社が提示しているプラン費用のことであり、祭壇や棺、そして人件費といったものが含まれていると言えるでしょう。そして飲食接待費用は、通夜式で出される料理代で、寺院費用は読経をしてくれる僧侶に渡すお布施を意味します。ですので、葬儀社の広告などに掲載されているプラン費用だけが全てではないということを、よく知っておく必要があるでしょう。

費用の相場について

葬儀費用の総額については、神戸を含む近畿地方の場合は160万円程度が相場だと言われており、全国的な平均値に近い金額になっています。先ほど紹介した本体費用については、プランによって異なるのが特徴であり、従来の大規模な葬儀の場合は90万円程度が相場です。さらに家族葬は60万円程度で、一日葬は40万円程度、そして火葬式は20万円程度が相場だと言えるでしょう。また飲食接待費は、通夜式を行わない場合は必要ありませんし、寺院費用に関しても、僧侶を呼ばない場合は用意する必要がありません。

広告募集中